2008年03月05日

R85A1

気のせいでしょうか、
最近ミリブロ全体で英軍関連の
記事をよく見かけるような気がします。
少し前にはAK関係が多かったような?

やはり、個々人のブログとはいえ、
同一のカテゴリでミリブロというポータルサイトで、
一つの集合体の様になっていると、ブームというか
シンクロニシティというか同じような時期に
同じような話題が多くなってしまうんでしょうかね?

それとも、やはり各国軍関係の装備では、
一番重要で欠かせない正式採用ライフルが最近になって、
各メーカーから出始めたので、やっと英軍装備したい
と思っていた方々が本格的に活動し始めたんでしょうか?

今日は、
そんな潜在的英国紳士達を
表舞台に引きずり出すのに一役買っていると思われる銃。

『ARMYARMAMENT社R85A1』

をご紹介です。
この銃は、こないだまで書いていた「ぐだぐだ店長~」
の主役です。精一杯バレ無いように書いていたんですが、
とちゅうで気付かれた方もいるかもしれませんね。
聞いたことの無いような名前ですが、モデルは英軍正式採用アサルトライフル
「L85A1(SA80)」
です。昔から日本のメーカーでも各社が、ガスやエアコキでモデルアップしていた、
人気の高いライフルで、長いこと電動化が待ち望まれてはいましたが、
今現在でも日本のメーカーから電動として出されては居りません。

なぜか?本当の所は我々ユーザーの知る所では有りませんが、
我々ユーザーの間でまことしやかに囁かれ続けている、
ある噂(ジンクス?)が真実を物語っているのかもしれません。

「L85を作ったメ-カーは潰れる」

もしかしたら、実銃であるL85を使っていた英軍兵士たちの
恨みや怨念がこもっているのかも。

今のところL85タイプの電動ガンを作っているのは、
僕の知る限りでは、
「STARAIRSOFT」
「G&G」
そして今回の「ARMYARMAMENT」の3社なのですが、
STAR・G&G各社はいまだ健在です。
が、ARMY社はHPが無い様で消息がわかりません。
もしかしたら・・・・

さて、前置きが長くなりました。
銃の方を見ていきますと、
G&Gのクローンですので、A1のみのラインナップです。


弥生ちゃんと比べると、

全長では、R85の方が短いですね。
けれども、バレルサイズは
弥生ちゃん:335mm
R85A1:510mm
実に18cm近くR85の方が長いです。


セレクター後ろに刻印が入っています。当然ながらオリジナル。
細部の作りでなんかな~と思うところも有りますが、
全体の出来としてはイイ感じ。
この出来の物を、あんな値段で売られた日には、
多少サビが浮いていようが、チャンバーがイマイチだろうが、マガジンがク○だろうが、
モータライズの戦艦のスクリューの水密区間もかくやと言うほどグリスがみっちりメカボに詰まっていようが、
フロンサイトが止めてなかろうが、パーツが手に入らなかろうが目を瞑ります。

なんとなく全体的にまとまりが付かなくなってきましたので、
そろそろ締めに入りますと、
こんな銃買いましたが僕は英国紳士ではありませんので、
こんな事もやっちゃいます。


R85A1AFVモドキver.kimo

それではまた。





同じカテゴリー(銃器)の記事画像
誰かがカッ○ウと啼く
塗り塗り。
いや~ん、えっち!
SA58の塗装検討テスト
GT3・・分間クッキング?
如月に出会った弥生ちゃん
同じカテゴリー(銃器)の記事
 誰かがカッ○ウと啼く (2008-04-22 17:24)
 塗り塗り。 (2008-03-16 23:34)
 いや~ん、えっち! (2008-03-16 17:02)
 SA58の塗装検討テスト (2008-03-15 23:25)
 日曜日はゲームでした。 (2008-03-11 13:59)
 GT3・・分間クッキング? (2008-03-07 01:47)

Posted by ぐらてん  at 23:31 │Comments(0)銃器

<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。