2008年03月04日

「ぐらぐら店長、空港へ行く」⑥

第六話「準備」

いよいよご対面だ。

たかだか2万円もしない電動ガンに偉い手間が掛かってしまった。
だが、人生何事も経験だ。これはこれで楽しくもある。

東山(仮名)さんの後に従い、先ほどの事務所の横の会議室と思しき部屋へ行くと、
長机の上にそれはあった。輸送用のダンボールが開梱され側面だけを覗かせている。

会議室には警察官を含め4人もの男たちが居た。
俺と東山(仮名)さんを入れれば総勢6人。
一体今から何が始まるんだ?

「え~と、---------------って言うのかな?
商品と数は合ってる?」
東山(仮名)さんがインボイスを見ながら確認してくる。
俺は、早く中身を見たくて気もそぞろにこたえる。
「ハイ、間違い有りません。」
まるで罪状認否だ。

「それじゃあ、準備してもらえますか?」
と言いながら、東山さんがその銃を机の上に出す。
「はい、じゃあまずバッテリー入れますね。」

銃を手に取るとまずその重さに驚かされた。
あまり時間は無いので、外観だけさっと見ると、
とてもマルイの電動ガンより安いとは思えない。
スチールプレスの本体に安そうな塗装と相まって、
やる気にさせてくれる雰囲気を醸し出している。
本当は必要ないのだが、ハンドルを動かしボルトをホールドオープン。
ポートから覗くメカボックスは黒染め(メッキ?)だが、シリンダーが真鍮丸出しなので、
多少興が殺がれる。が、全体的には悪くない。

やっと本題。バッテリーを入れようとハンドガード上部のカバーを開ける。
ここも造りは甘い気がするが、ガスピストンが再現されている。良い仕事をする。
そんなことを考えつつ、コネクターを引き出すと愕然とした。
しまった。バッテリーが着かない。
この銃は元々ラージ使用だったのだが、迂闊な事にその時はミニバッテリーしか持っていなかった。
付属のバッテリーを試しに繋いでみたのだが、やはり動くはずも無いので、
情けない気分満点で、持参したバッテリーのコードをEMTシザースで切断し、
「すいませんが、テープ有りますか?」
と言うと
「いや~流石に慣れてるね~。」
こんな馬鹿げた事は初めてやったので泣きたくなった。

本体のコネクターに裸のコードを突っ込み、セロテープで固定。
トリガーを引く。
ポシュポポポ・・・
カタンカタカタカタカタ・・・
空気の吐き出される音に混じり何かの作動音が聞こえる。

「それ、何か動いてるけど、いいの?」
東山(仮名)さんに指摘され初めて気が付いたのだが、
ボルトが動いている。
自分で注文しておきながら、本当にこの時、手に取り動かすまで
知らなかったのだ。
『こ、こいつ、動くぞ・・・!』
心の中では目いっぱい動揺していたが、
「ええ、そういうもんです。」
平静を装い知った振りしておいた。
本当に今日は驚きで一杯だ。人生って素晴らしい。

銃の準備が整うと、一応クローニーを用意しようか確認する。
「実銃も測れるんだから、それで良いでしょ。」
と、東山(仮名)さんが言う。
すると、
「えっ、実銃持ってるんですか?!」
警察の担当者。
「いえ、持ってません。」
先ほどの東山(仮名)さんと同じやり取りをする。
どうも、短絡的な考えをする人間が揃っているのか、
余程この趣味が理解されていないのだろう。

電話で聞いていた警察の弾速計は余程粗悪な物かと思ったのだが、
実際にはクロノスコープだった。
「どうしますか?」
と警察に聞くと、
「せっかく持ってきたんですから、それ使いましょうか。」
・・・善人ぞろいである。
後ろめたい事をやっている訳ではないのだが、
『両方やって見ましょうか。』
位は言った方が良いんじゃないだろうか?

準備が整い、クローニーの特性は
既に東山(仮名)さんには教えていたので、
屋外に計測に行く事になった。

つづく





同じカテゴリー(ぐらぐら店長、空港へ行く)の記事画像
「ぐらぐら店長、空港へ行く。」③
同じカテゴリー(ぐらぐら店長、空港へ行く)の記事
 「ぐらぐら店長、空港へ行く。」⑦ (2008-03-04 22:08)
 「ぐらぐら店長、空港へ行く」⑤ (2008-03-03 19:57)
 「ぐらぐら店長、空港へ行く。」④ (2008-03-02 12:48)
 「ぐらぐら店長、空港へ行く。」③ (2008-02-26 23:46)
 「ぐらぐら店長、空港へ行く」② (2008-02-26 13:04)
 「ぐらぐら店長、空港へ行く」① (2008-02-25 21:14)

Posted by ぐらてん  at 17:02 │Comments(0)ぐらぐら店長、空港へ行く

<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。